ごあいさつ
理事長 古川智子

社長
皆様、一般社団法人日本おもてなし推進協議会のサイトへお越しくださりありがとうございます。私ども日本おもてなし推進協議会は、特許庁に認定登録された5つの称号を有す一般社団法人です。

そのはじまりは、1986年財団法人日本城郭協会の会員であった当団体顧問が、任意団体として「日本の城とおもてなしを考える会」を設立し、その後、東京日本橋の老舗従業員が2003年結成したフォーラム「日本のおもてなしを考える会」へと展開します。これが前身となり2012年8月に「一般社団法人日本おもてなし推進協議会」として法人設立しました。

設立以前から私どもは「おもてなしの心」を育み、「おもてなしのスキル」を高める活動を行なっており、2010年には熊本商工会議所において、私、古川智子を主幹講師とする日本初の「おもてなし総合講座」が開講しました。京都市観光協会副会長・全日本きもの振興会理事の市田ひろみ先生を特別講師に、旭山動物園七代目園長の菅野浩先生をゲスト講師にお招きしたこの連続講座が「おもてなしスぺシャリスト」講座へと受け継がれて今日に至っております。


2016年からは「おもてなし人財」の育成を積極的に行っている自治体・企業・団体・店舗へ『おもてなし推進賞』を謹呈させていただく活動も開始しております。幾つもの時を重ねて大切に受け継がれてきた日本のおもてなしを、私どもは皆様と共に受け継いで、未来へ伝えていきたいと考えておりますので、宜しくお願い申し上げます。